​こどものためのSDGs意見ギャラリー

​どんな世界から?→どんな世界へ

20代 女性

どんな世界から?

・こどもの純粋な心がすくすく育たない環境

・親へのサポートが足りない社会

・外国にルーツのある子どもや障害のある子どもなどが我慢しなくてはいけない教育環境

・ひとり親家庭への支援が足りない社会 ・赤ちゃんポストや内密出産や男性の育休取得などが良くないことだとされる社会

・子どもが助けを求められない社会


→どんな世界へ?

・子どもが意見をもっと出せる社会

・子どもが助けを求められる社会 ・親が助けを求められる社会

・他人事だと思わずみんなで解決しようとする社会

・子どもが笑顔でその子らしく生きられる社会

・子どもが自分の人生を切り開ける社会

・返還不要の奨学金の充実、もしくは大学まで授業料無償化

・ひとり親家庭への支援強化

・望まぬ妊娠を防ぐ教育

・望まぬ出産をした親を支援する仕組み

・虐待がない世界

・子どもが戦争で死なない世界

・子どもが自殺しない世界

0件のコメント

関連記事

すべて表示

どんな世界から? デジタル教育を含めた包括的な教育支援体制のアップデートと貧困に伴う教育機会の喪失に対する具体的な意見を提示できる体制の構築を進めることが必要だと私は考えている。 →どんな世界へ? 多様な価値観や思想を受け入れられる具体的な意見を提示することができる体制の構築を進めることができる社会を構築したいと考えている。

どんな世界から? 日本の教育は脅しと罰だと言われている現状を変えなければ、子どもの幸福やイノベーションを生み出す力も生まれないと思っています。 →どんな世界へ? 子どもの権利の尊重、意見(気持ち)を受け入れる、否定しない教育。何でも子どもの言う通りにするという意味ではなく、どんな意見であっても受け入れてもらえる安心感が子どもの自己肯定感を育み、自分を大切にできることで他者を思いやり、夢に向かってい

どんな世界から? 教育の無償化で格差をなくすこと。気候変動問題に対応する社会変革で、未来への不安を軽減すること。 →どんな世界へ? 過剰な消費の抑制。環境負荷を意識した行動、選択。できるだけモノを増やさない。自然を感じることができる暮らし。