​こどものためのSDGs意見ギャラリー

​どんな世界から?→どんな世界へ

40代 女性

どんな世界から?

日本の教育は、出る杭は打たれる教育なので、それを変えたいと思っています。欧米で学生時代を過ごした自分としては、もっと言論の自由と個性を重視し、皆の顔や体形が違うように、「人と違って当たり前。自分は自分」という事を教えるほうが学校の勉強よりとても大切だと思っています。日本独特の世界が恐怖に思います。みな同じ髪の色、髪型、服装・・・などなど、没個性だからいじめも多数発生していると思います。


→どんな世界へ?

人に認めてもらわないといけない、という思いが捨てられる世界が必要。そのためには、学校や家でこどもたちに「自分らしく、人と違って当たり前なのだから」という教えをすることが大切。貧困やシングルペアレントの家庭だからと言っていじめにあうこどもも多数いますが、その「貧困」「片親」は自分の個性だと思うような教育をして欲しい。恥ずかしいと思うという事は、「みんなと違う」と思うから。何度も繰り返しますが、人と違って当たり前の精神があれば、大抵の事は受け止められるような人間になるものです。

0件のコメント

関連記事

すべて表示

どんな世界から? デジタル教育を含めた包括的な教育支援体制のアップデートと貧困に伴う教育機会の喪失に対する具体的な意見を提示できる体制の構築を進めることが必要だと私は考えている。 →どんな世界へ? 多様な価値観や思想を受け入れられる具体的な意見を提示することができる体制の構築を進めることができる社会を構築したいと考えている。

どんな世界から? 日本の教育は脅しと罰だと言われている現状を変えなければ、子どもの幸福やイノベーションを生み出す力も生まれないと思っています。 →どんな世界へ? 子どもの権利の尊重、意見(気持ち)を受け入れる、否定しない教育。何でも子どもの言う通りにするという意味ではなく、どんな意見であっても受け入れてもらえる安心感が子どもの自己肯定感を育み、自分を大切にできることで他者を思いやり、夢に向かってい

どんな世界から? 教育の無償化で格差をなくすこと。気候変動問題に対応する社会変革で、未来への不安を軽減すること。 →どんな世界へ? 過剰な消費の抑制。環境負荷を意識した行動、選択。できるだけモノを増やさない。自然を感じることができる暮らし。