​こどものためのSDGs意見ギャラリー

​どんな世界から?→どんな世界へ

40代 男性

どんな世界から?

「持続可能な社会」と言いながら、現在の日本は車を大事に長く乗り続けるとより重い税金が課せられるといった矛盾に満ちています。これは「車をどんどん買い換えて経済が回った方が世の中全体、ひいては個人の発展につながる」という古い価値観の頃に法律が作られたからで、現在の日本の経済状況には合いません。


→どんな世界へ?

自動車に関する税金は様々な要素が後付けで足されてきて、かなり複雑で大人でも全てを説明出来る人はいません。古い骨組みの上に増築を重ねていった建物のように不安定で心許ない。 それならいっそ全てを根本から作り直すくらいのことをしなければなりません。

0件のコメント

関連記事

すべて表示

どんな世界から? デジタル教育を含めた包括的な教育支援体制のアップデートと貧困に伴う教育機会の喪失に対する具体的な意見を提示できる体制の構築を進めることが必要だと私は考えている。 →どんな世界へ? 多様な価値観や思想を受け入れられる具体的な意見を提示することができる体制の構築を進めることができる社会を構築したいと考えている。

どんな世界から? 日本の教育は脅しと罰だと言われている現状を変えなければ、子どもの幸福やイノベーションを生み出す力も生まれないと思っています。 →どんな世界へ? 子どもの権利の尊重、意見(気持ち)を受け入れる、否定しない教育。何でも子どもの言う通りにするという意味ではなく、どんな意見であっても受け入れてもらえる安心感が子どもの自己肯定感を育み、自分を大切にできることで他者を思いやり、夢に向かってい

どんな世界から? 教育の無償化で格差をなくすこと。気候変動問題に対応する社会変革で、未来への不安を軽減すること。 →どんな世界へ? 過剰な消費の抑制。環境負荷を意識した行動、選択。できるだけモノを増やさない。自然を感じることができる暮らし。